マイホームを考えたら

一戸建てあなたが家を建てようと思う時、どのようなタイミングでしょうか。マイホームが欲しいと考えるタイミングは、結婚や出産、家族が増える時、親からのアドバイスなど様々なシチュエーションがあるでしょう。
さらに、マイホームでも「一戸建て」なのか、「マンション」なのか、希望するスタイルが違ってきます。そのなかで、一戸建てを選ぶとしても、そこからさらに分類されていきます。それは大きく分けて「新築の建売り住宅」なのか「注文住宅」なのか「中古の一戸建て」なのか。ここでも全く違った一戸建ての購入になります。

一戸建て「新築建売り住宅」は、最もポピュラーなもので、ハウジングメーカーなどが土地付き建物を販売していることが多く見られます。更に、大規模な開発もあり、土地を区画整理して町を造り上げる場合もあります。モデルルームを見学し、同様なスタイルの空間を選択するため、既製品の服のように組み合わせをするだけなので、工事期間が短く、費用を押えて建てることが出来ます。
「注文住宅」においては、建物を建築士に設計してもらい、施工会社と建築工事請負契約を結んで建ててもらうことになります。自分のこだわりを随所に取り入れられるため、家を建てるまでも建ててからも、楽しみがつきません。一棟ずつ、丁寧に大工さんが建ててくれるため、細かい部分での修正も可能になります。
「中古の一戸建て」は、いずれはリフォームすることを考える人も多いでしょう。そのぶん、安く買えることが条件となり、建物の値段もタダ同然のお買い得物件も少なくありません。また、割とアクセスの良い場所も多く、立地とそのエリアでの格安の販売額が魅力です。購入するときに、その土地の建物規制、建ぺい率や容積率を調べて、土地価格についても確認しておくべきでしょう。様々な購入の選択が広がるもの一戸建ての良さです。貴方好みの物件が見つかりやすい一戸建てです。

実際に探そう

一戸建て購入が決まったら、次は希望の住宅を探すことです。情報の収集方法は、雑誌・インターネット・新聞広告・モデルルーム巡りなどです。モデルルームを見て回ることは、購入した後の生活を一番想像しやすくなり、さらに憧れが現実と重なるので何を見ても買いたい気持ちが一気に高まってきます。これは多少危険なことで、自分の予算や現実を見失うことにもなります。モデルルームに出掛ける時は、冷静な判断を要するため、必ず即決しないことでしょう。
この先何十年も支払って行かなければならない住宅ローンも頭に入れて、しっかりとした判断の末に契約を結びましょう。

トップへ戻る